• 対象者(被保険者)
  • 受けられる給付
  • 保険料
  • こんなときは手続きを
  • 健康診査・歯科口腔健診
  • 医療費適正化
  • 医療機関等のみなさまへ
  • よくある質問
  • 後期高齢者医療制度の概要
  • 広域連合について
  • 入札情報
  • 入札情報
  • リンク集
  • 問い合わせ先
  • 市町村専用ログイン

新着情報

2022.11.15 被保険者の推移を更新しました。  
2022.1.7 令和4年10月から後期高齢者の窓口負担割合が見直されます  
 後期高齢者の医療費のうち、窓口負担を除いた約4割は現役世代(子や孫の世代)の負担(健康保険等からの支援金)によりまかなわれています。
 令和4(2022)年度以降、団塊の世代が75歳以上となりはじめ、後期高齢者の医療費が大きく増えていくことが見込まれています。
 このことから、後期高齢者医療制度について、持続可能性を高め、全ての人で支え、国民皆保険制度を未来につないでいくための見直しが行われます。
 令和4年10月1日から、後期高齢者医療制度の被保険者(※1)のうち、一定以上の所得のある方は、現役並み所得者(※2)を除き、医療費の窓口負担割合が2割になります。
(※1)後期高齢者医療制度の被保険者は、①75歳以上の方、②65~74歳の方のうち後期高齢者医療広域連合から一定の障害の状態にあることの認定を受けた方です。
(※2)住民税の課税所得が145万円以上で、医療費の窓口負担割合が3割になる方です。

 窓口負担割合が2割の対象となるかどうかは、令和3年中の所得をもとに、令和4年8月頃から判定ができるようになります。

【お問合せ】
制度見直しの背景等については、
「厚生労働省 後期高齢者窓口負担割合コールセンター」 0120-002-719 へお問合せください。

その他のお問合せは、島根県後期高齢者医療広域連合業務課又はお住まいの市町村の後期高齢者医療制度担当課までおたずねください。
広域連合・市町村の担当課の問合せ先

令和4年10月から後期高齢者の窓口負担割合が見直されます (pdf 181KB)
2019.11.21 後期高齢者医療制度をご案内する音声CDについて  
 島根県後期高齢者医療広域連合では、後期高齢者医療制度をご案内する音声CD(一般CD用又はデイジー用)を作成しお送りしています。
ご希望の方は0852-20-7526(島根県後期高齢者医療広域連合)へご連絡をお願いいたします。
 また、市町村の後期高齢者医療担当課窓口及びライトハウスライブラリーでの貸し出しも行っていますのでご活用ください。  

貸出物一覧
・市町村の後期高齢者医療担当課窓口
 音声CD(一般CD用)

・ライトハウスライブラリー(松江市南田町141-10)
 音声CD(一般CD用 及び デイジー用)
 0852-24-8169